スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おじさん 危機一髪 (>_<)

2012/08/04 Sat 21:32

『 バスローブ姿で失礼いたします・・・

〝 おじさん 〟 こと じょんでございます


( おじさんと言うよりは、もうおじいちゃんですけどね・・・。 )


2012080401.jpg


『 若い時からお風呂は苦手でございまして、


今日も入る予定は無かったんですけど・・・


2012080402.jpg


午前中に家事を一通り終えてから、じょん&すばるに


〝 ささみジャーキー 〟 をいつものようにポキポキと

小さめに切ってからあげました。


ポリポリと仲良く食べていたのですが

急にじょんが咳き込みだし、吐き出す仕草をしたので

〝ヤバイ〟と思い背中をさすろうとした瞬間に、


バタンと倒れ、短い時間でしたが痙攣・・・

痙攣が止まると目を見開いてピタっと動かなくなって失禁・・・


2012080403.jpg


急いで じょんの背中を叩き、

口の中に手をつっこみ、

喉に詰まらせたジャーキーをかき出し

どうにか短い時間で窒息するのを免れました。


2012080404.jpg


シニアになると今まで何てこと無かったことが

命の危険となることが多くなります・・・。


今年に入ってから、喉に詰まらせてヒヤっと

することが多くなったので、気を付けてはいたのですが、

今日のはかなりビックリしました。


2012080405.jpg


おやつを食べ終えるまでは、なるべく近くにいるのですが

たまたま近くにいなかったり、異変に気付かなかったら・・・と

思うとゾっとします。


2012080406.jpg


倒れた時に近くにあったお水を倒したのと

痙攣した時に失禁して体が濡れてしまったので

しばらく落ち着いてから、大丈夫そうだったのでお風呂に入れました。


2012080407.jpg


その後、スヤスヤとお昼寝しているじょんを見ていたら

ホっとして涙がしばらく止まりませんでした・・・。


すばるもじょんが倒れた時、キュンキュン泣きながら

じょんの側を離れませんでしたが、相当ビックリしたことでしょう・・・。


2012080408.jpg


その後、私も安心と疲れで気づいたら

お昼寝しちゃってたんですが、

目が覚めたら、ピタッと私の体にくっついて

スヤスヤと寝ている じょん&すばるの姿を見て

また、大泣きしちゃった私です・・・



反省




ポチっと応援お願いします
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
じょん | コメント(12)
コメント
じょんくんもママさんも大変でしたね・・・。
今は落ち着かれていますか?

人間でも年配の方や子どもさんによくあることみたいですが
このような事故はよくあることみたいですね。

4年前に実家の犬(当時8歳)が突然死したのも
今回のじょんくんと同じケースでした。
お恥ずかしい話ですが
足が不自由で介護が必要な犬がいるのに
母は長期不在。
代わりに近所に住む叔母が食事を与えてくれたのですが
いつも通りよく食べているので
安心して帰宅したところ
次の日の朝には冷たくなっており
傍らにはもう1頭の犬が訳がわからないという顔をしていたそうです。
(当たり前ですが)
やはり出た言葉が「もっと注意して見ていれば・・・」でした。

それにしてもさすがNa★Koさんの対応の素早さには
頭が下がる思いです。
これが自分だったらと考えると
ここまで適切に対処できたかどうか・・・。

暑い日が続きますので
お体には気をつけてくださいね。
タイトル見て冷やっとしました。痙攣の文字を見ると
画面をスクロールするのが怖くなってしまいましたが、
じょんくんが無事で本当にほっとしました。
私も厚かましいながら涙がとまりませんでした。
Na★Koさんの涙してる姿を想像すると、またも・・・

じょんくん、すばるくんにまだ教えてあげることが
たくさんあるから、まだまだ現役だよね!?

ローズヒップマニアさん
ご心配頂きありがとうございます。
その後はいつもと変わらず、すばると遊んだりしているので
大丈夫そうです(^^)

犬も人間と一緒で年を取ると今まで何でも無かったことが
命取りになるようなことが多いですよね。
若い犬でもガムなどで器官を詰まらせ窒息死する事故が
多いですものね・・・。
ご実家のワンちゃん 8歳だったんですか・・・。
いつも通りとこちらは安心してしまうのですが、
ちょっと目を離したすきに起ることって怖いですよね。
同居のワンちゃん とても悲しく寂しかったことでしょうね。
朝のその状況を想像すると、言葉がみつかりません・・・。

今回もすぐ側にいたので、間一髪のところでしたが
本当に無我夢中でした。
後から思えば、無理に手を入れて逆に大変なことになってたら・・・とも
怖くなったのですが、その時はとにかく呼吸をさせなくてはと必死でした。
より一層、注意していかなくてはと反省しました。
記事ウルウルしながら読みました。
でも本当に無事で良かったーー。
子供の頃実家で一緒に暮らしていた子も年齢とともに物が飲み込みにくくなったのを思い出しました。
でもNa★Koさんの行動はさすがです!!
口の中に直ぐ手を入れてジャーキーを取り除いてあげて処置出来たから良かったんですよね。
すばる君も大切なお兄ちゃんが苦しそう、、って心配で仕方なかったんだろうなー。
じょん君、今は落ち着いてますか?
暑さに負けず頑張るんだよー。
かんかんさん
ご心配おかけしてすみません(>_<)
UPしようか迷ったのですが、今後同じようなことを
起こさないよう反省も含めましてUPしました。

かんかんさんのコメント読ませて頂いて、
また泣いてしまいました。
いつかは必ず別れる日がやってくるのだけれど
こんな形でじょんに旅立たれたら、立ち直れませでした。

そうそう!まだまだ沢山すばるに教えてほしいことが
あるので、頑張ってもらわないとデス(*^o^*)
あ~本当に怖かったです。
レイママさん
ご心配頂きありがとうございます。
その時は、必死だったんですが
今はも~思いだすだけでコワイです(>_<)

今回は、幸い大事に至らずにすみましたが
緊急をようする事が起きた時、自分の判断でその先が
決まってしまうことに、後からすごく怖さを感じました。
すばるはずっとオロオロして泣いてました。
じょんが落ち着いてからも、普段以上にじょんにくっついて
心配しているようでした。
お陰様で今はいつも通り元気にしています(^^)
あら、お久しぶりのじょんくん登場、かわいいワンちゃん用のバスローブもあるのねなんて眺めていたら、背筋が凍りました(><)Na★Koさん、大変でした(;;)とっさの判断、私だったらNa★Koさんのようにできなかったと思います(><)今ブログを読んだ私でさえ、かなり動揺している状況ですから、Na★Koさんはどれだけ大変だったことか(;;)じょん君、大事に至らなくて本当によかったです(;;)
じょん君、無事で良かった・・・。
すばる君もビックリしたでしょうね。
でもNa★Koさんの機転のお陰で、助かって本当に良かったです。

うちはリッキーが初めてのワンコなので、老犬になった時の事は
全く想像がつかないし、何をどう気をつけたらいいのかも分かりません。
今からきちんと勉強しないとダメですね。

それにしてもバスローブ姿のじょん君も可愛い♪
『じょん君のバスローブ姿かわいい!(。>∀<。)』
とか思いながら読んでたら、そんな大変なことがあったんですね。(>_<)

若い子でもガムを喉につまる事故がけっこうあるので、私も食べさせる時は必ず側にいることにしてます。

じょん君、大事にいたらず本当に良かったです。
香蓮ママ さん
お久しぶりで驚かせてゴメンなさい(>_<)
おやつもシニア用だったり気をつけてはいたのですが、
ちょっと今回は酷かったので、慌てました・・・。
ご飯やおやつを食べされる時は、ほとんど側にいるのですが
ちょっと目を離した時にこんなことがあったら・・・と思うと、
本当に怖いです。
ご心配お掛けしましたが今は、いつも通りに元気ににしてま~す(^^)
このバスローブ もう8年近く愛用してるんですよ♪
COROTAMAさん
ありがとうございますm(__)m
本当にビックリして、落ち着いてから私震えました・・・。
人間と一緒で今まで何でも無かったことが、シニアになると
できなくなったり、命の危険にまで及ぶこともあるので
こちらが気を付けてあげなくちゃですね(>_<)
じょん自身も自分の体の変化にビックリしてる感じです。

おじいちゃんとしては、ちょっとバスローブ姿は
気恥かしいかも・・・デス(^-^ゞ
こたままBLACKさん
ご心配頂いてありがとうございました。
今はいつも通り、元気にしています(^o^)/

そうなんですよね・・・若いワンコでもガムでの事故が
結構多いみたいですよね。
ここ最近は特にじょんはガムは控えていたのですが、
まさかジャーキーで・・・って感じでした(>_<)
こたくんやすばるも若くても気を付けてあげないとですよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。